NZ岩谷ロシニョールキャンプ16

今日の早朝は天候こそ良かったかが、整備不良のためコースが荒れやすい条件。雪面状況がどのようになってもスキー全体をしっかり使用できる選手は安定しスピードを保つことができます。特に若い選手にはターンの質を上げることをテーマにしていますが、やはり細かいコブでは外スキーが逃げやすいようです。午後はスラロームで65ゲートをセットし、柔らかい雪質ながらたっぷりと実践トレーニングできました。明日こそはアイスバーンを!

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク