国体終える

4日間に渡って行われた岐阜清流国体が今日終了した。国体初開催だったほうのきスキー場は、当初いろいろ心配する声もあったが、期間通して完璧な条件を維持し選手へ提供できた。終わって見ると全国の参加者が驚きと感動の声が多く聞かれ、レースコースを高く評価をされた。また、アルペン会場は運営も高く評価され、スローガンである「全員が主役」の通り、大会に関わる皆さんが活躍した。役員の一人として参加できたことを心から嬉しく思い、関係者の皆様に心から感謝申します。

大会の様子が一目瞭然!?

震災復興支援大会にお礼の挨拶する福島県選手団。本当に心のこもった大会だ!

大会は多くの役員で成り立っていることを改めて感じた時間でもあった。お世話になった者として今後も恩返ししていきたいものです!

レース開始直前に天候は好転。神様は見ていたのか・・・。

選手宣誓の池田選手の集中力はもの凄かった。ベテランになってもスキーの楽しさと友情は持ち続けたいものです。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク