野沢で最後のレースを・・・

震災で被害を受けて野沢温泉スキー場で今季世界で最後のFISレースが行われています。初日は、三月に悪天候のため中止になった男子GSLを実施、その後震災で延期になっていた野沢温泉カップを4レース。震災時にはリフトなどに被害受けたにも関わらず、日本のレーサーの為に開催してくれたことに深く感謝いたします。また、今日ののキャプテンミーティングでは佐々木明選手が被災地へ物資を提供した際の話とそれに対しての自分の思いを語ってくれた。特に印象深い事は、様々感じた中で自分がスキーやれる幸せを感じ、その思いを強かったのでキロロと野沢のFISレースに参戦したとの言葉である。本来、初戦で痛めた腕の治療に専念すべきだったのだが今回あえて若い選手や後輩の為に疲れも隠して出場してくれた彼を尊敬します。こうした話しを指導者皆が理解し今後一緒に生かしていきましょう。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク