全国の選手からエール!

一時自粛のため中止にもなったFIS 公認朴の木読売カップは延期して22日23日の二日間行われました。

自粛するばかりではなく、積極的な活動の中で支援し、また、被災地の選手からも開催希望の声があったことにより日程を延期しなから開催することになりました。

レースは北海道から九州まで、そして、ナショナルチームも多数参加し、また、地元岐阜県スキー連盟、朴の木スキー場、多くのボランティアの皆様のお陰で素晴らしいレースができました。

特にレース終了後は選手会を開き、武田選手清澤選手から選手全員について今大会開催の思い、皆で支援する気持ちを確認した。

更に地元高校生は三日間にわたりゲレンデでの募金活動、大会参加費の一部を義援金として提供する予定であるようだ。

ガンバレ日本!

スライドショーには JavaScript が必要です。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク