ジャパンシリーズ志賀初戦


ジャパンシリーズ後半戦の志賀会場初日はジャイアントコースを使用、コース内にインジェクションで水を入れワールドカップレベルのアイスバーンとなった。
そんな中、男子は1,2本ともに大越選手がベストタイムをマークし圧勝。怪我からの復帰後、レース毎に調子が上がってきているように感じる。
我がチームは1本目に武田が僅差の2位、及川選手が5位だものの2本目に両者共に失敗し残念な一日となった。
一方、女子は期待された清澤がミスが目立ち2位から3位に後退したものの、今シリーズ好調の丸子選手が5位から4位に上昇し健闘した。優勝は星選手、2位は長谷川選手が入り正確な滑りを見せてくれた。
明日も同じコースでSLが行われるので難コースを克服し好成績に期待したい。
岩谷

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク