フランス遠征23日

今日は曇り予報でしたが、実際は風、霧、低温、そして、リフト不調で効率の悪い一日。
後半何とかゲートを数本滑り、視界の悪い中での基本技術の情勢をビデオにてじっくりチェック。
今日改めて感じたのは海外選手が視界や悪雪に強い・・・ということ。
上体の角度や足首角の強さが多く関わっているようだ。
そして、外スキー荷重に正確に荷重することは板・ブーツで細かい障害は吸収してくれ、大きなものは足首・膝・股関節などの脚運動によって吸収してくれるのです。
ジュニア選手にとって今日のトレーニングは、滑走量こそ少ないが大きな収穫となったでしょう。
岩谷
広告
カテゴリー: 今日の出来事 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中